経済を学ぶ

「はやぶさ」の帰還が話題になった平成22年9月12日、日本振興銀行が破綻(倒産)したのです。この破綻によって、初めてのペイオフ(預金保護)が発動して、全預金者に対する3%程度とはいえ数千人が、上限適用の対象になったと噂されている。
抑えておきたいポイント。株式というのは、社債などと異なり、出資証券(有価証券)なので、出資を受けても企業は当該株主に対して出資金等の返済しなければならないという義務は発生しないのである。またさらに、株式の換金方法は売却である。
【金融商品】REITとは。不動産投資信託(投資家の資金を集めて専門家が運用する)という内容の日本語のことである。例外として、わが国の国内法を根拠とする日本版REIT(J-REIT)のことをREITと呼ぶことがある。
【用語】金融商品について⇒法令上、金商法(金融商品取引法)によって規定している意味である。この場合有価証券や外貨取引に加えて金融デリバティブなどを包含する考え方。
【投資】FX(外国の通貨を売買して、利益を得る取引)は僅少な資金(証拠金)の準備でも膨大な金額での取引できますが、手にすることができる利益が大きくなる裏側で損失も大きな金額になる可能性があり、まさにハイリスク・ハイリターンの商品なのです。
近頃は投資信託の投資対象の中でもコスト軽減が実現できる販売手数料がかからないのノーロード型とか、分配金が出る分配型、あるいは指数(インデックス)連動だから値動きがわかりやすいインデックス型(指数(インデックス)に連動)などが特に投資家の注目を集めている。
【経済の基礎】コール市場について⇒銀行間取引のひとつで短期金融市場の代表です。コール市場の「コール」というのは「call(呼ぶ)」で、呼べ(call)ばすぐに返事が返ってくるぐらい期間の短い市場の動きをするため、こう呼ばれているのです。
認可法人預金保険機構の保険金の実際の補償額は”当座預金など決済用預金を除いて預金者1人当たり1000万円以内(但し決済用預金は全額)”と規定されている。この機構は政府そして日本銀行ならびに民間金融機関全体の三者がが3分の1程度ずつ
つまり、株式投資では、ほとんどの場合現物取引(投資金額の範囲での売買)でのある程度長期的な投資を行うスタイルを使えば、大規模な危険性を背負うことのない安心な状態で投資による運用が可能なのです。
格付け(信用格付け)のよいところは、読むだけでも時間のかかる財務資料が理解できなくても格付けされた金融機関の経営状態が判断できる点にあります。また、ランキング表で2つ以上の金融機関を比較することまで可能なのだ。
きちんと知っておきたい用語。デリバティブとは何か?伝統的な従来からの金融取引または実物商品や債権取引の相場変動によって生まれたリスクから逃れるために考え出された金融商品全体の名称をいい、とくに金融派生商品とも言います。
巷で言われるとおり、第二種金融商品取引業者(第一種業者も当然だが)が新たな金融商品としてファンドを作り、それを適正に運営していくためには、考えられないほど本当に大量の、業者が「やるべきこと」、逆に「やってはいけないこと」が定められているわけです。
【用語】株式への投資で、株式発行している企業が成長することで、好影響があり聞いたことがあるインカムゲイン(和製英語: income + gain配当または利息などの利益など)といった収益を得ることが可能。
【用語】eワラントは、売買の権利の対象になっている資産を証券化(広く資金を集めることができる)した金融派生商品(例:日経225オプション取引)のひとつです。ゴールドマン・サックス NYSE: GS)”カバード・ワラント(オプション取引の一種、オプションを証券化したものを指すことが多い)のこと。
未来のためにも日本国内で活動中のどんな銀行でも、国内だけではなくグローバルな市場や取引にかかる金融規制等が強化されることも視野に入れながら、財務体質の一段の改善だけではなく、合併・統合等をも取り入れた組織の再編成などに積極的に取り組んでいます。